葬儀は最後のお別れ

葬儀は大切な時間

葬儀は大切な時間 基本的に、家族が亡くなったら葬儀を行うのが基本的な流れです。当たり前のこととして行っていることであっても、とても大切な意味を持つものですから今後大切な人を見送る立場が来ることも考えて葬儀が持つ意味についてしっかりと理解を深めておくと良いでしょう。

基本的に、葬儀と聞くとあまりめでたい場と感じることはないでしょう。基本的に日本の宗教的な概念で考えると、悲しみが深い場であるというイメージが強くあります。日本での葬儀と言えば、亡くなった人とのお別れを偲びながら送り出すために行われるというイメージがあります。亡くなった方はもちろんですが、残された家族のために行われるものであるという意味合いも強いのが現状であります。

普段生活を送っていれば身近に亡くなった方が居ない限り生とは何か、死とはなにかというのを考える時間というのはなかなかないでしょう。そんな部分だからこそ、葬儀は生と死についてを深く考えさせられる場でもあります。人は生きていれば、年月が経つごとに身体は老いていきます。そして、天命を迎え命が尽きることになります。遅い早いの違いだけで、その時間というのは誰にでも平等に訪れるものです。だからこそ、生と死について考える機会を与えてくれる葬儀は私たちの人生において必要不可欠です。

生と死は、私たちと切っても切り離せない関係にあります。葬儀が行われるいうことは、亡くなった方がいるということです。死に直面することによって、自分にもいつか死が訪れることを感じることもあるでしょう。そういった機会を与えられることによって、自分たちが今後どう生きていくのかを考えることもできるはずです。亡くなった方との別れを偲ぶのはもちろんですが、自分の命についてを考える場を与えてくれる貴重な場でもあるということはこれからのことを考えて理解しておきたいものです。

葬儀は、行われるのが当たり前のことになっていますが亡くなった人と過ごす最後の時間ですから、とても大切な時間でもあります。だからこそ、命とはなんなのか死とはなんなのかを一連の儀式を通してしっかりと考えてみましょう。悲しい場所に思われてしまいがちな場所も、考え方を変えることで色んなことを考えさせられる貴重な時間を得ることもできるでしょう。参列する際には、場に適した見た目やマナーを意識し他の人の失礼にあたらないようにするという点を意識して参加するようにしていきましょう。

お知らせ