知って安心葬儀の服装

喪服は、葬儀を行う立場にも参列する立場の人にも欠かせないものです。では、失礼にあたらないためにはどのような服装を心掛けるべきか知っておきましょう。最近では、喪服を選ぶ際に略式のものを着る人も増えてきていますが、喪服には喪に服すという意味がありますから、亡くなった方の遺族の方が着る喪服は正式のものが一番正しい服装です。正式の喪服は、モーニングや和装などが挙げられます。遺族になった時に必要になることも考えて、早めに用意しておくと安心です。

葬儀に呼ばれて参列するという人の正しい喪服は略式のものが正解です。正式の喪服を着用すると間違いのないような気もしますが、参列する側が正式なものを着てしまうと、遺族を立てるということができなくなります。そのため、参列するのであれば正式ではなく略式のブラックスーツやブラックフォーマルなどの服装を着て葬儀に参列するようにします。

葬儀を行う側か、参列する側かによっても着る喪服の種類が変わる場合があります。どちらの立場に立った時にはどの喪服を着れば良いのかという点を理解した上で、失礼のない服装で参列することが大切です。女性の場合、小物なども光沢がないものを選ぶようにしましょう。