葬儀の受付

場合によっては、葬儀を行う喪主の方から葬儀の受付係をお願いされることもあります。受付係をお願いされた時には、どう行動していくべきか紹介するので参考にしてください。喪家から指示があった場合を除いて、基本的には葬儀が始まる1時間前には会場に着いているという状態が望ましいので、時間に余裕をもって家を出ると慌てなくてすみます。参列者の方たちが来るまでに名前を書いていただく芳名帳や香典帳など準備ができているか、必要なものが揃っているのかをしっかりと確認しておきましょう。

葬儀の受付というのは、窓口の役割を担っています。そのため、参列してくださっている方に非礼がないように、しっかりと正しいマナーをもってお迎えすることが大切です。その際には、名前の記入をしていただくことを忘れないようにしましょう。また、香典はお金ですから、後からトラブルになることを避けるためにも、受付から離れる際には注意が必要です。

受付の役割は、来てくださった方を迎えたり香典を受け取ったりと重要なものが多く、遺族から信頼されてお願いされているわけですから、遺族の方々の顔をつぶすようなことが無いように、適切な判断をしながら対応していくことが大切です。