注意したい葬儀のNGマナー

葬儀に関連することで、何気なくしてしまったことがマナーに反する行動だったということは少なくありません。そんなことが発生しないようにするためにも、NGなマナーについて理解を深めておきましょう。親しい人が亡くなったことを夜遅くに知った時、たとえ深夜であっても駆け付けたいと思ってしまう人も中にはいるのではないでしょうか。血のつながった家族の場合は別ですが、血のつながりがなく非常に親しい間柄だというケースであれば、深夜に駆け付けるというような行為は、遺族への負担を考慮して遠慮するようにしたいものです。

また、訃報を聞き、少しでも早くお悔やみを述べたいという気持ちは分かりますが、いきなり電話をかけお悔やみを述べる行為は、遺族の置かれている立場を理解していないマナー違反な行動です。葬儀が迫っている遺族は、準備しなければいけないことも多く、非常に大変な状況です。遺族の置かれている状況を理解し、このような行動を控えましょう。

葬儀を前に、精神的にも身体的にも疲弊している遺族に対しては、状況などを配慮して失礼にあたらないようマナーを意識して行動することが大切です。他にも、喪家を訪れた際に長居をするなど、ついうっかりしてしまいそうな行動には注意することが必要です。